廃車手続きなら廃車買取センター

コンテンツ準備中!

廃車の基礎知識等を紹介予定!廃車にしようと思った車が高く売れた!!そんな方の体験談を募集しています。 自動車の場合、自動車の所有者が抹消登録(まっしょうとうろく)と呼ばれる手続きを行う事によってナンバープレートが取り外され、廃車という事になる。 登録自動車・軽自動車 抹消登録の方法として、道路運送車両法第15条に基づいた手続きにより廃車する

「永久抹消登録」と、同法第16条に基づいた手続きにより廃車する「一時抹消登録」のどちらかを所有者が選択する。 登録自動車の場合は陸運支局で、軽自動車の場合は軽自動車検査協会でこの手続きを行う。 永久抹消登録 道路運送車両法第15条に基づく廃車手続きで、俗に「15条抹消」と呼ばれる事もある。

法的には「自動車が滅失、解体等したため再使用する事ない手続き」とされており、車両の解体を前提としたもので、この抹消手続きを行うと自動車の再登録に必要な抹消登録証明書の交付を受けられない従ってこの手続きを受けた車は日本国内では二度と走る事ができないという事になるが、運行目的以外での再利用(倉庫など)は可能である。

一時抹消登録 道路運送車両法第16条に基づく廃車手続きで、俗に「16条抹消」と呼ばれる事もある。法的には「自動車の使用を一時中止するための手続き」とされており、所有者が長期間自動車を使用できない状態(長期出張・入院など)により、一時的に自動車の使用を停止する場合などにこの手続きを行う。

この抹消手続きを行うと、抹消登録証明書の交付が受けられ、日本国内で再び登録し、運行する事が可能である(ただし、車が盗難等行方不明になった場合はこの方法での登録が出来ない。永久抹消のみとなる)。 なお、この抹消登録を行った車でも日本国外へ輸出する事はできるが、その場合には運輸支局から輸出抹消仮登録証明書の発行を受ける必要がある。



廃車手続きなら廃車買取センター

部品取り車(ぶひんとりしゃ)は、事故等で車輌としての機能を失いまたは中古車輌として減価償却的に売り物にならなくなった自動車・鉄道車両で、部品の供給源として保管されているもののこと。 廃車となり、ナンバープレート(車籍)を外され、解体業者で積み上げられる直前の状態である公道を走行不能となった自動車を指す場合が多い。バスやタクシーの車両にもそのような例は存在する。

ある鉄道事業者で廃車となった鉄道車両を、別の鉄道事業者が中古車として購入する場合、その車両が新製時から相当年数経っていることが多く、その間の技術革新によりその車両に使用されている部品がすでに生産中止となっており、使用中の車両が故障してもその手当てをする部品が入手困難になっていることがある。

そのため、同形式の車両を部品取り用として同時に購入することがある。特に譲渡車にいえるが、制御装置、モータなどの部品は単体として置くより車両ごとおいたほうが効率よく、また譲渡時に一緒に入ってくるため輸送コストも圧縮できる。また車両自体が物置になるなどのメリットもある。


MENU
CONTENTS
運営会社情報